行政書士と社会保険労務士 求人が多いのは、社会保険労務士

行政書士と社会保険労務士で、資格の保有者が会社に就職しやすいのはどちらかといえば、社会保険労務士だと思います。

職業紹介サイトをご覧いただければ分かると思いますが、行政書士と社会保険労務士のどちらも求人数は少ないのですが、特に行政書士の場合、行政書士の資格を採用条件にしている求人は皆無に近いといっていいと思います。

理由は、恐らく、企業側の認識にあるのだと思います。社会保険労務士は労働・社会保険関連の企画・対策・設計なども含めた労働関連の専門家として、社内に常勤雇用する必要を感じる大企業もあるということが挙げられるでしょう。

しかし、行政書士は、行政関連の文書を作成するだけの人と考えられがちです。それぞれの会社が作成する行政関連の文書はある程度、内容が決まっていますので、有能な事務員がいれば、特に行政書士の資格保有者が必要とされることはないのでしょう。

本来、行政書士は、訴訟以外の法律問題に関して様々なコンサルティングができることが士業としての大きな魅力です。しかし、このコンサルティングに関しても、会社にとっては、問題が起これば、すぐに顧問弁護士に相談するのが一般的で、コンサルタントとしての行政書士に出番はありません。

また、行政書士と社会保険労務士の求人に関していえば、残念なことにこれからも、社会保険労務士の求人が増えても、行政書士の求人が増えることは望み薄だと思います。

社会保険労務士は、社会情勢の複雑化や、経済環境の低迷などによって、労働問題が多発化、複雑化、深刻化することが考えられます。派遣労働者の雇用などの具体的な問題もあり、大企業にとっては、必要な士業といえるでしょう。

しかし、行政書士に関しては、そういったニーズが発生する社会環境の変化があまり、期待できません。

行政書士で就職を有利に進めたいとお考えの方がいらっしゃるならば、さらに勉強を発展させ、税理士や公認会計士といった上級資格を目指すべきかもしれません。