行政書士と社会保険労務士 独立開業で成功しやすいのは行政書士

行政書士と社会保険労務士で、「独立開業で成功しやすいのはどちらか」、と申しますと、非常に難しいというのが本当のところだと思います。行政書士と社会保険労務士のどちらの士業で食べていくにしても、独立して成功するのは簡単なことではないからです。

しかし、敢えて、行政書士と社会保険労務士のどちらが優位かを決めなければならないとしたら、私は行政書士だと思います。

理由の第一は、できる仕事の範囲の広さです。コンサルティングという点に関して、行政書士は訴訟以外の法律問題に関して、事実上、あらゆるコンサルティングが可能です。一方、社会保険労務士は、厚生労働関連に特化したコンサルティングに止まります。

理由の第二は、行政書士は様々な問題を解決するコーディネーターとしての仕事ができるという点です。必要な専門家を集めてチームとしてクライアントの問題を解決するときにその窓口として仕事ができるのは、コンサルティングで携われる範囲が広い行政書士だと思います。

理由の第三は、企業へのサービス提供に関しても、行政書士のほうがおカネになる可能性が高いということです。例えば、会社設立では、行政書士は、各種申請書類や定款の作成、事業計画の策定指導など、設立当初から携われます。一方、社会保険労務士が登場するのは、厚生労働省関連の助成金の申請、就業規則の作成といったこととなりますので、行政書士よりも後になります。

ですから、会社を設立するという一連の工程に関して、まず、行政書士が仕事を請負い、その行政書士を通じて社会保険労務士も参加するというかたちになる傾向が強いということになります。分かりやすく言いますと、行政書士が元請け、社会保険労務士が下請けの立場になりやすいということです。

また、会社を設立するという一連の工程で一番、フィーが高いのは、会社設立時の書類作成などの手続きです。フィーの面でも行政書士と社会保険労務士とでは、行政書士に軍配が上がるのです。