行政書士と社会保険労務士 独立開業で安定しやすいのは社会保険労務士

行政書士と社会保険労務士で、独立開業で成功しやすいのは社会保険労務士とお話ししました。これは行政書士と社会保険労務士とでは、コンサルティングビジネスという面で行政書士のほうが扱える範囲が広いため、活躍のマーケットもたくさんある分、成功しやすい、ということです。一方、独立開業が成功した後に、長期にわたって安定した収益を上げやすいのは、社会保険労務士だと思います。

その理由は、社会保険労務士は、企業との間で顧問契約を結べるからです。労務・社会保険・雇用など、いつでも起こる可能性のある問題に関して相談に乗る、助成金の提案をする、給与計算をする、といった継続的に発生するサービスを顧問契約というかたちで請負うことによって、恒常的で安定した収入を得ることができます。

行政書士はコンサルティングできる分野が非常に幅広い一方で、具体的な相談に対して相談料や申請書の作成代行を行うというビジネスモデルになりますので、契約も個々の案件ごとになってしまいます。常に新しい案件を取っていかないと収益を上げることができないわけです。

ただ、社会保険労務士は企業と顧問契約を結べると言いましても、その顧問契約を取るにはたいへんな労力が必要であることを忘れないでください。

行政書士と社会保険労務士のどちらの資格がお得か、という私なりの考えは以上です。少なくとも、行政書士には行政書士の、社会保険労務士には社会保険労務士の優位性があると私は思います。

そこで、思い切って、行政書士と社会保険労務士の両方の資格を取得するというのはどうでしょうか。両方の資格を取得すれば、少なくとも会社設立の際には、ワンストップでサービスを提供できます。会社設立に携われば、そのまま、社会保険労務士として顧問契約を結ぶことも不可能ではないでしょう。

行政書士と社会保険労務士の両方の資格を取得することによって、独立開業時の成功率を高め、その後の安定も確保できるのではないでしょうか。